明日月曜大阪Monday Channnel、火曜渋谷Bar Bridgeでお待ちしております。

 

4/14、お越し下さった皆様、ほんとうに有難うございました!!

いま、やっとすこし時間が取れて、

こうやって書く時間が作れています。

それでも、4/14についてここで書くのには時間が足らないので、

ひとまずお礼だけ伝えさせて下さい。

後日、きちんとブログでお礼を書きたいと思います。

 

昨日のKiko Navarro @JB'Sは、本当に素晴らしいパーティになりました。

音楽が中心で、かつ、家族のような暖かさが満ちていて、

KikoのDJもそれに導かれてか、

Contactのときよりももっとソウルフルなセットでした。

朝7時まで、みなさんとあの場所で楽しませてもらって、

私もとても幸せでした。皆様本当に有難うございました!

 

明日月曜日の夜は、Monday Channnel @大阪Unionで

KIko NavarroがDJをさせていただきます。

大阪の著名レギュラーパーティ、遊びに行けることがまず嬉しいです。

K-KatsuさんのDJもとても楽しみです!

月曜夜、一緒に大阪で遊んで下さい、お待ちしております!

 

 

 

火曜日はKikoさん、東京に戻って、

Bar BridgeでもDJをさせていただきます。

Contactのセットとは違う、いろんな音楽を交えたセットでお願いしています。

自分自身も、ハウス以外のKiko Navarroを聴きたいと思っていましたし、

自分が何度もDJさせていただいたBar Bridgeという場所で

KikoさんがどんなDJをするか、実はすごく期待してます。

一緒にDJするレギュラーのみなさんのプレイも楽しみです。

火曜日Bridgeで、さまざまな種類の音楽をみなさんとシェア出来たら最高です!

http://bridge-shibuya.com/

 

4時間は寝たい!ので、そろそろ寝ます。

おやすみなさい、

忙しいですが、とてもしあわせな日々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Dance / House Music

 

 

 

 

 


Music Of Many Colours

 

やっと今週、ゆっくり睡眠を取れるようになりました。

このあいだに色々なことをやったので、

ひとつずつ紹介させて下さい。

 

まずは、初めてResident Advisorに記事を書かせて頂きました。

 

ローカルDJが紡ぐ歌

https://jp.residentadvisor.net/features/2911

 

まず、日本 / 東京のハウスシーンについて、

こうやって書くことが出来る機会を与えて下さった

RAに心から感謝します。

1つだけ後悔してるのは、

東京は、小箱は本当に沢山いい箱が有るのですが、

それにふれた箇所にKoaraを紹介出来なかったこと。

単純に忙しすぎて、頭が回らなくて、あとですごく後悔しました。

先輩も若手さんも混ざってDJしている、良い箱です。

あとは、長いのですが、お時間があるときに、是非読んで下さると嬉しいです。

いろんな方にコメントを戴いて、作ることが出来た記事です。

 

 

先週金曜日に、Mix & Compiled CD の入稿が終りました。

 

 

ケイ君と、自分達がどんなDJをするのか、したいのか、という話をするときに、

いつも一貫しているのは、「とにかく混ぜていきたい」ということ。

ハウスもテクノも、アフロもラテンも、ハウス・クラシックスもダンス・クラシックスも、

R&Bもエレクトロなヴォーカル曲も、

自分達が掛けたい、と思う音を混ぜていく。

ハウスとは何か、という問いへの答えは、自分達にとっては、

「何でも掛けれる」ということに尽きるのかもしれない。

だから『Music Of Many Colours』というタイトルは、

すごく、ハウスらしいし、自分達らしいな、と思っています。

今回のミックスCDは、自分が大好きなアーティストやレーベルに、

直接交渉して、ライセンスを取った分、

Oathの朝に掛けているようなセットの音楽は殆ど入っていないですが、

それでも、Dazzle Drumsのこれまで作ってきた曲をDJ Mixの方には組み込めたので、

いつもの自分達のDJに近い仕上がりになったと思います。

http://diskunion.net/clubt/ct/detail/1007304162

(是非是非ご予約お願い致します、amazonでも、

Tower Recordsでも、Tsutayaでも、HMVでもご予約出来ます。)

 

沢山の色がまざりあう音楽、「何でも掛けれる」からこそ

新譜はチェックしなきゃなといつも思います。

忙しくて忙しくて、チェック出来ていないと、自己嫌悪になります。

Traxsourceの3月のチャートをアップしました。

ギリギリ、3月。

 

 

No,1にピックアップしたRound Midnightは、

新しいversionを入れて発売しました。

http://www.traxsource.com/title/776269/round-midnight

この曲を去年の『報道ステーションSUNDAY』で使って頂きました。

そんなこともあるのか、と思い、びっくりしました。

今年の後半は、バリバリ曲を作りたいです。

DJで掛けたい曲を、もっと沢山作っていきたいです。

 

そう、ひとつ嬉しい報告が有って、

Giles Petersonさんが、

Dayme Arocena – Mambo Na’ Ma (Dazzle Drums Overdub)

をWorldwide FMで掛けてくれました。

Dayme ArocenaさんのMambo Na’ Ma がすごく良い曲だったので、

Overdubしたい、ということになり、

作ったものを送ったら気に入って頂いて。。。

Worldwide FMは、自分が原稿を書いたり、事務仕事が多いときに

結構頻繁に聴いています。

ハウスだけではない世界が広がるんですよね。

まずは、私達のoverdubが掛かった回のアーカイヴを

是非聴いて戴けたら嬉しいです。

http://worldwidefm.net/show/gilles-peterson-17-03-17/

 

 

いまはKiko Navarroのインタビューをやっています。

たぶん、このインタビューが出たら、

なぜKikoを呼びたかったのか、理由が解ってくれると思います。

先日リリースされた、

Kiko NavarroのBBEからリリースされたアルバム、

『Everything  Happens For A Reason』のライナーも書いています。

本当に、いいアルバムです。

今回、アルバムリリースのタイミングで、

こうやってKikoさんとパーティ出来るのが嬉しいです。

 

KIKO NAVARRO / キコ・ナヴァロ / EVERYTHING HAPPENS FOR A REASON

 

http://diskunion.net/clubt/ct/detail/1007332318

渋谷と新宿のタワーレコードでご購入いただくと、

4月14日の公演のディスカウントチケットが付いてきます。

 

 

そういえば、これも刷ったり切ったりしてたんだ。

ハンドメイドが多いなあ。

4/15 名古屋JB'Sのディスカウントチケットは

Pigeon Recordsさんでの取扱い分に、

JB'Sさんが作ったものが入っています!

 

 

今日はVENTとOathとTunnelに行ってきました。

明日4/1はContact、オープンから行こうと思っています。

Joeさんが、もしいまOathでDJしている私達をみたらびっくりするでしょうね。

でも、Joeさんも大好きだけど、硬い音も好きです。

色んな音楽を素直に好きでいたい、と思っています。

明日はContactのフロアで沢山良い音楽を聴きたいなあ。

色んなひととお会い出来るのも、楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Dance / House Mu


#UNPLUGという自由。真っ暗なダンスフロアという自由。

 

 

そろそろ「やることが無いなあ」をやってみたい

事務続きの日々、皆様は御元気ですか?

先日のOathは、いままでの経験が生きてきたのか

やっと自分達が掛けたい音楽が、その場に居るお客さんに

聴いて貰えるようになって、嬉しかったです。

いい日悪い日、色々有るけれど、

それでもチャンスを与え続けてくれる場所と

支えてくれる皆さんに心から感謝します。

 

ガシガシと新譜を掘るのが好きなのですが、

ここ最近はなかなかそんな時間も取れず、

延々と配信サイトを垂れ流してチェックしながら作業という、

なんとも中途半端な日々。

いまもBeatportのテクノに疲れて、traxsourceのアフロ聴いてたけど、

そろそろ頼まれているミックスを録らなくてはいけないので、

買ったけれど自分がまだまだ聴き込めていない新譜を流して、

メール、メール、告知、お願いメール。

それでも充分幸せです、感謝の日々です。

 

みんなFBのイベントページを使うというのを、

必然で自分のアカウントを作るようになってからようやく知り、

FBでも告知しなきゃいけないのか、SNSって大変だ、

って思っているけれど、そう感じるのは私だけなのかな?

私は自分の欲しい情報が欲しいからTwitterは便利だけれど、

なんか音楽に関しては、どうもSNSでうまく情報がキャッチ出来ない。

リリースの情報とかはsoundcloudを活用するのがベストですよね。

っていうか、皆音楽そのものの情報は欲しくないのかな、

自分で書いてても、反応がいいのは音楽そのもののことではなく、

シーンについてのこととか、

音楽を取り巻く状況とかの説明の方なんですよね。

ああ、でもMixshowとかは反応があるから、

曲単体の情報は無くてもいいけれど、

音楽は聴きたい、長い時間掛かっているのがベスト、っていうことなんでしょうね。

これだけ情報過多だと、アーティストの名前を知る以前に

DJの名前を知ってもらうのだけでも大変だものね。

 

先日のRay-Ban × Boiler Roomの記事やダイジェストムービーが

いくつか上がってきていますが、

この日のテーマが #UNPLUG でした。

スマートフォン、インターネット、SNSから離れて、

純粋に目の前で起こることを楽しもう、という企画でした。

 

 

おそらく、SNSに多くの時間を割いている方々のほうが、世の中の大半で、

勿論頭でも解っているのですが、

実際、インタビューで、 #UNPLUGについて質問されても、

自分自身はさほどSNSに縛られているという気持ちはいまはあまり無いし、

(仕事としての必要なツールだとは思っています)

だから、「あなたにとっての#UNPLUGな瞬間は?」という質問に、

趣旨とは離れた回答をしてしまったんですよね。

(以下のリンク記事に掲載されました)

 

『音楽が繋ぐ、[Ray-Ban]とBoiler Roomの#UNPLUGな関係性。』

http://eyescream.jp/tyo/feature/rb-x-br-report/2/

 

でも、ここに答えたのはとても素直な気持ちで、

#UNPLUGといえるほどの感覚って、自分にとっては、

素晴らしい音楽だけが自分の中に満たされているときくらいだ。

音楽は自由に感じる尺度か大きい、自由に解釈できるし、戯れることが出来る。
映像はもっとダイレクトで、解釈の自由度は音楽より少ない。

言葉は、抽象的なものでも、やはり書き手が伝えようとしたかった回答があるし、

とくにSNSで何かの言葉を発する時は、言葉は出来るかぎり正確な方が良い。

時々、SNSに夢中になったり、様々な発言を繰り出している世界を見ていると、

そんな人々は、自分の日常では披露出来ないもう1人の自分を作りたいのではないか、

「発言力」や「影響力」を持った、日常の自分とは違う自分を、

このSNSの世界で作りたいのではないか、と。

炎上すること、RTやシェアが増えること、それらは自分の影響力の評価軸では有るけれど、

それは現実の自分への評価と、はたして繋がっているのか。

それとも、繋がらない場所で、現実と違う自分の生き方が欲しいのか。

考えれば考えるほど、SNSの世界と、自分自身は、

別の人間のような気がして恐ろしくなる。

そう自分が思うようになってからは、SNSで拡散されそうなことを書くのを

自然と控えるようになってしまった。

これからは、もっと、SNSを実用的な情報ツールにしていこうと思う。

パーティや曲などの告知、自分の好きな曲、音楽の情報など、

そういうのを書いていけばいい、と改めて思う。

意見交換も必要なのかとおもった時期も有ったけれど、

毎週友人と話したり、知らない人とも話したり、

それで充分だし、その方が全然信用出来る。

表情を見ないでは、相手が何を考えているのか、正確には解らないよね。

 

当たり前だけど、音楽も同じで、実際に体験しないと、正確には解らない。

SNSの言葉やフォロワー数、もっと言えば、パーティで要求される集客力と、

その人の音楽の素晴らしさは別のものだから、

出来るかぎり現場で聴きたいと思うし、それこそが本当のコミュニケーションだと思う。

とくに、真っ暗なダンスフロアで踊っていると、

色んなことに気を遣う日常を随分忘れることが出来る。

フロアが暗い方がいいのは、人の顔が見えないし、

自分の顔も見られないから。気を遣うことが少なくなる。

自分がどう見られてるか、を、私達は本当はいつだって忘れたい筈で、

暗い空間で、音に夢中にさえなっていれば、私達はその瞬間、何からも傷つくことは無い。

私は真っ暗なダンスフロアが好きだ、なぜなら守ってもらえるから。

 

正直、SNSなんて無くなってしまってもいいや、と思う。

自分にはブログが有るから、こんなことを平気で言えるのかしれない。

でも、私はこのブログでも、いつだって、自分の意見を書いてはいるけれど、

私のテクスト自体は、情報のひとつとして消費されればいいと思っています。

DJが終った時と同じ、自分のなかの音楽が搾り取られるような、そんな感覚と同じで、

私の持ってる知識だったりが役に立つのなら、知識や持ってる経験を絞り出して、

誰かの役に立ったり、考える手助けになったり、

誰かが少しでも音楽を続けるのが楽しくなったり、楽になれば最高だな、と思う。

 

なんか偉そうなことばかり書いたような気がして、

恥ずかしくなったので、

ちょっとポップスな感じのハウス・カヴァーを貼りますね。

こういうハウスって2000年代ってイメージですよね、

今でも大好きですよ、こういうの。

What's Up - Cafe 432, Lonyo

 

 

折角なので99年のオリジナルのR&Bもどうぞ、

Lefteye可愛い。

U Know What's Up - Donell Jones ft. Lefteye

 

 

 

私は何度も書きましたが、真っ暗なダンスフロアが好きです。

Zeroだって、Block Partyが始まる前に、壁の面積を測って、

黒い布をひーちゃんにお願いして用意してもらった位、好きです。

でも、今度DJする場所は対極なんですよね。

 

 

どこを向いてもこの内装、金、金、金、鏡、鏡、鏡。

前回初めてDJしたときには、なんか、恥ずかしくて、ディスコを掛けれなかった。

こんな金色の場所、しかも、名前はTrump、カードの名前とはいえ、Trump、

そんな空間で、Studio 54 みたいな音楽掛けたら、

なんかもう、「勝ち組」「金持ち」「シャンパン」だ。

私はクラブでシャンパンを開けてくれる方は尊敬するけれど、

(箱にお金を使うのはとても大切なことです)

お金を持たないと恥ずかしい、という空間にはしたくないし、

多分この内装を作った方も、そんな単純に華やかな空間を作ったのではないような気がする。

豪華絢爛を賞賛するだけではない、他の意味合いも含まれているような、

そんな空間だと私は感じました。

で、土曜日は、どんなDJをしようか。

タイムテーブルも、まだ迷っているんですよね。

明日また考えます。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Dance / House Music

 

 

 

 


金曜25日はOathです!そしてMAWの日は有難うございました!

 

 

今日は東京は雪かもだって!

おはようございます、ええ、私はこれから眠るところです。

ここ数日は偉そうにスタジオ部屋の椅子に座りながら、

ケイ君にブレイクを作れとか、あの音をイントロから鳴らすなとか、

散々勝手なことを言い、新譜をチェックし、

Oathに向けて一緒にDJブースに立ち、

相方と私の、それぞれの音楽的嗜好の間に流れる深い川を感じとり、

まあでもこれも勉強だ、これを知る為に事前にブースに立つのだから良いことだ、

と、遅い夕食をワイン片手に作って、気付いたらボトルが空になり、

それでも幾つかの(超苦手な)英語のメールを送り、

そろそろ寝ないとまずいよ、6時だよ、という感じです。

 

 

 

これちゃんと埋め込まれてる??

ともかくMAWの日は有難うございました!!!

何故だか久々に緊張したのですが、

ぜーぜー言いながら、本当に皆さんのお陰で、こんな感じに形になりました。。。

いやもう、この曲の、ディスコっぽい万人を受け入れる明るさ、最高です。

あらためて、フロアで掛けながら、この曲の良さを実感し、

いま色々レーベルさんに交渉して進めているMix CDのライセンスを、

この曲も取れないか、と思い、全く知らない方なのに、メールを送り、

最後にこれのリンクを貼ったら、

この動画の光景を凄く喜んでくれて、ライセンスを許諾してくれました。

お金を儲けさせてあげられるような、満足な金額をご提示出来なかった自分の力不足に落ち込みますが、

それでも、「この曲が多くの人に知ってもらえたら嬉しい」的なメールを頂いて。。。

この動画で踊って盛り上げて下さった皆様のお陰です、本気で思ってます。

有難うございました!!

それにしても、自分がDJだと、せっっかくのMAWなのに、全然落ち着いて聴けなかったです。

いずれにせよ、プリミティブの皆様10周年おめでとうございます!

 

MAWは終っても、当然英語メールで交渉の日々が続いておりまして、

嬉しいメールと足蹴にされたメールと色々ですが、

こういう事務作業や書き作業をとっとと全部終らせて、

来年のパーティのスケジュールもある程度たててしまって、

曲作りやDJにもっと専念したいなあ、と思う。

曲作りとDJのクラブ回遊だけ出来たら、最高だなあ。

でも、結局、(ダンサーのNaokiさんが言うように)、

絵画の横に解説がついているからこそ、絵画を深く出来るように、

音楽も、理解する為の道しるべが必要で、

その為に、例えばライナー書いたり、

パーティで思うこととか、書いたりするっていうのが、必要になるんでしょうね。

(そうそう、今月もCDライナーの締切が待っています。。。)

 

 

そうそう、Danny Krivitさんが東京は12月9日に来日するので、

45周年、ということで、クラベリアに(BBQさん経由で)インタビュー原稿をお送りしました。

文中にあるDanny Krivit最初の7インチセットの、7インチの実際のジャケットの写真を、

ダニーに許可してもらって掲載したのですが、

プレイリストも載せれたら楽しいよね。

あとで交渉してみよう。

 

 

今回はBlockFMにもDannyの出演をお願いさせて頂くことになって、

その件でVenus Kawamura Yukiさんと電話でお話ししたのですが、

その日がDavid Mancusoさんがお亡くなりになったタイミングで。。。

そんな経緯から、こんな私ごときがカワムラさんの番組に出演することとなり、

すこし、お話しさせて頂きました。

多分、金曜の20時以降に更新されるまでは、アーカイブが聴けると思います。

ただし、私がロフトに行って感じたこと、程度しかお話ししていませんので、

専門的な話ではないので、ご了承下さいね。

The Loft で購入した公式Tシャツと、

The Loftのレーベルからリリースされたレコードと一緒に、カワムラさんと。

番組はこちらで聴けます。

http://block.fm/ondemand/shibuya_oiran

この番組にダニーは12月9日の放送で出ます!のでよろしくね。

 

 

 

さあさあ今週金曜はOathですよ!

一緒にやってみたい、と夢見ていたKogaさんとDJです。

寒いのは今日で慣れます!!25日だからお給料も出ます!

もうちょっと頑張ればボーナスも出ます!

大丈夫!楽しく遊びましょう!!

金曜日はOathでお待ちしております!

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Dance / House Music

 

 

 

 

 


Dazzle Drums Mixshow 10/03/16 + Traxsource DJ Chart October 2016 Top20 + 14th Fri BONITA HOUSE @ Sankeys

 

先週というか今週に掛けての

松山丸亀東京の3日間、

お越しいただいた皆様本当に有難うございました!

なんかもう、色々学ぶことが多くて、

簡単に説明出来ないのですが、

今年、仙台、松山、丸亀、名古屋、静岡、滋賀、大阪、と

この夏の時期に様々な場所でDJさせてもらいながら思ったのは、

ハウスのパーティに集まるお客さんの層がこの1年で随分変わってきたということ、

特に東京に関しては顕著で、

日本のハウスのダンスフロアで定石とされる盛り上げ方だけでは

フロアをキープ出来なくなってきたのを肌で感じました。

あとは、お客さんの耳が肥えてきた。良いことですね。

でも、今後来日するハウスDJ、特にUS系のオールドスクールなハウスは、

きっと今までよりフロアメイキングに苦労すると思います。

これまでの「これを掛ければ盛り上がる」みたいな魔法が

この数年、特に今年は、随分効力を発しなくなったのを感じます。

 

いずれにせよ、オーバーグランドとアンダーグラウンドが

明確に分かれつつ有る日本において、

クラブ / パーティを維持するのはとても、とても大変なことです。

今回DJさせていただいた、松山BibrosそしてTunnel、丸亀Axisの皆さん

勿論、他の各地方で頑張ってらっしゃる皆様も、

本当に頭が下がります。

(勿論、キツい部分も有りますが)東京は人が多い分、

楽させてもらってる部分も多いということを、

忘れずに、続けていこう、と、改めて思いました。

 

 

 

Mixshow更新しました。Track ID貼付けますね。

 

BT2 - Dazzle Drums - Green Parrot Recording
Harmony (Kiko's Cariocas Beach Beats) - Sheila Ford & Kiko Navarro - Quantize
You Got It - Me And The Gang - Me And The Gang
Seven Steps - Crackazat - Eureka
Turn It Up - Paul Harris, Angel Moraes - Cr2 Trax
Get Back - Leonardo Chevy - Nulu Electronic
Truth Seeker - Peter Makto, Gregory S - Truesounds Music
Nature Elements - Costa Vaya - MoBlack
Stronger (Zepherin Saint RMX) - Melohman And Javi Bora - TRIBE Trax
Do It - D.Y.A - SOLIDE
Sheets (Claudia Hiller RMX) - Alexander Remus Ft Liza Flume - Whatiplay
BT1.1 - Dazzle Drums - Green Parrot Recording
The Stars (Bside Mix) - DJ Vivona - Sunclock
Happily Ever Aftr (Ramon Tapia Aftr The Aftr RMX) - Nico Morano - Atmosphere
Poem (Irfan & Simbad Mix) - Mutabaraka - Promo
Sacred Dance - Loic L - United Music
Lost Drum (Rocco Twisted Mix) - Joeski - Maya
Drums Of Tarzan (Ratpack Mix) - Maurice Joshua - Nu Soul
Pululo (Soulful RMX) - Dorivaldo Mix, Bebucho Q Kuia, Preto Show - Seres Producoes
Skin Diver (Pablo Martinez RMX) - Teedra Moses, Boddhi Satva - Offering
Closer (Adam Rios Dub Retouch) - DJ Jacko, Chelsea Como - Tony Records
Closer (Mark Lewis Vox RMX) - DJ Jacko, Chelsea Como - Tony Records
Kong (Spensane RMX) - Sticky People - Basement Boys
There Must Be Love (Kenny Carpenter Mix) - David Morales, Janice Robinson - Def Mix
Out (DJ Angelo RMX Intro)-Shana_Tribe
Find My Way (DJ Beloved RMX) - Tasha LaRae - Quantize
Farewell - Amtrac - W&O Street Tracks
Walking With - SoundQuest - Soul Candi
Closer (Sandy Rivera's Classic Mix) - Kings Of Tomorrow, Alex Mills - Deepvisionz
Dance A Dance (Dazzle Drums RMX) - IQ Musique Ft Kimicoh - Blu Lace Music
The Way It Is (Louie Vega RMX) - Kai & Kyle, Selan - Vega

 

あとは、こちらも久々のTraxsource DJ Chart。

もっと頻繁に出さないと、って毎回言ってます。。。

 

Dazzle Drums October 2016 Top 20

http://www.traxsource.com/title/699435/dazzle-drums-october-2016-top-20

 

久々だと比較的著名なレーベル / アーティストが多めになりますね。

だから、まめにやらないかんだろ、ってことですよね。

でもこれからしばらくは東京でのDJが中心なので、

制作や自分のスキルアップ、そしてこういったチャートとかに

時間を割けるようになるのではと思っています。

 

濃密な夜開催のBlock Partyを終え(有難うございました!)、

Dazzle Drumsとしての次回のDJは、

11月7日のDOMMUNE5時間、となります。

宇川さんに声を掛けて頂き、5時間ずっとDazzle DrumsがDJです。

 

それまでは、ソロでの活動が続きます。

14日 Kenji Takimi, Mr.Ties / B1 Floor : Bonita House @Sankeys (Nagi)

21日 David Morales @Contact (Kei Sugano)

22日 Sister Knowledge @Bridge (Nagi)

26日 Oath Wednesday @Oath (Nagi)

29日 Deeper Deeper @Koara (Kei Sugano)

 

今週は、Kenji Takimiさんの新レギュラーパーティ

Owk @ Sankeys のB1フロア

Bonita HouseでDJいたします。

同じ事務所TealのDSKE君とDJ、嬉しいです。

OathともBlock Partyとも違う、

ソロだから出来る新譜セットをご用意してお待ちしております。

https://www.facebook.com/events/542472335943955/

ディスカウントは木曜日20時配信のメルマガで募集します。

David Moralesのディスカウントも早いですが一緒に。

メルマガ登録ご希望の方は、Dazzle Drums Websiteから是非。

http://www.dazzledrums.com

勿論、私を直接知っている方のディスカウントは各SNSやメールなどでどうぞ。

いつも大体当日18時までにご連絡下さると確実です。

 

さあ曲作りだ、今日も頑張ります!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Dance / House Music


Oath有難うございました! +Fuse Beat 03+CONTACT今日オープンです


Oath有難うございました!
何だろうね、Oath凄く好きです、
店も、お客さんも、大好きです。
あそこで自分がある程度の基準以上のDJができたときは、
すごく幸せだなあと思う。
レギュラーパーティをやらせていただけるのが、
心から嬉しいし誇りに思います。
その点で言うと、zeroの音も凄く好きで、
店長のYuki Terada君と先週今週と色々話したけれど、
音に対する考え方、パーティに対する考え方がまっすぐで
話していても凄く刺激を受けるし、
Zeroで毎月Block Partyが出来るのが、有り難いなあと思う。
Yukiがいて、町田さんが居れば、
Block Partyの間中、ずっと安心してDJのクリエイトに集中できる。
それって、本当に凄いことなんですよ。

相変わらず曲をばしばし出してます。



Fuse Beat シリーズも第三弾。
DJに便利です。
http://www.traxsource.com/title/591847/fuse-beat-03



今日はこれから、本日オープンのCONTACTに行ってきます。
http://www.contacttokyo.com/
会員制ということで、私も会員登録しました。
町田さんが一生懸命頑張っています。
明日はフランソワさんですよね、明日も行きますよ。
オープンしたばかりの箱に対して、
皆簡単に音のことを言ったりするけれど、
大箱の出音は、じっくり熟成していくものだから、
今日がまとまっていなくても、私はさほど気にしません。
それに、そういう音がきっちり決まっていないオープンしたての箱で、
フランソワさんが「超いい音」に持って行くのを、何度も体験しているので、
明日も、とてもとてもたのしみです。
今夜はケイ君はRootsで友達と一緒にDJです、
ケイ君は、今日CONTACT行けなくて、がっかりしています。
でも、DJもいいものだよ。
私はいつでもどこでも、DJしたいです。
したいです。


 







JUGEMテーマ:Dance / House Music

EUREKA! というパーティの熱量。+ Cloud Of Dust + 金曜日18日はKei君浅草でDJです。



先日のBPで無理してギャーギャーやったお陰さまで
順調に寝込んで復活してきたところです。
(お越し下さった皆様有難うございました!)


Block Partyはゲストを入れたり誰かを招聘したりというのは
よほどのご縁がない限り、そういうことはしないのですが、
いまの東京では毎週何組もの海外アーティストが招聘され、
東京でギグを行っています。
ここ最近で、私が行きたくていけなかったものだけあげても、
Fur Coat、D-NOX、Mat.Joe。。。。
これだけ沢山のアーティストが来ていたら、
もともと予備知識でも無い限り、
「なんか有名な人が来てるみたいだから行ってみよう」
という気にはなかなかなれないよ、と思う。
そして、プロフィールのテクストを掲載しただけで、
そのアーティストの音楽的内容が伝わってきた試しがない、とも思う。
ひとまず呼んだけれど、あまり集客できなかった、という話も、
本当に多く聞きます。
そして、集客出来なかった理由をアーティストの知名度を理由に挙げる人が多いけれど、
好きで呼ぶのだから、呼んだ人間がプロモーションして
知名度を上げてギグに臨めば良いのに、というのは、ずっと以前から思っている。


私は随分前から、EUREKA! というパーティが好きだ。
自分のギグが無い時は出来るかぎり遊びに行くようにしている。
そこには明確な理由が有って、
自分達の好きなアーティストやレーベルの「音楽」を、
パーティ当日まで出来るかぎりの手を尽くして紹介する、
その緻密な過程から、アーティストへの愛情を強く感じるからだ。
今回のLay-Farの来日公演に関しても、
配信で販売されたアルバムをツアーの週に合わせてCDを作成して全国発売し、
ツアーの前日にちゃんとDOMMUNEの日程を押さえ、
アーティストの音楽性 / 話題性 を伝えるために
(これ以上無いくらいに)すべきことを、きちんとやっている。
だから毎回きっちり人が入る。
客層は、主宰の皆さんが若いというのもあってフレッシュで、
「ここ最近のハウスは年齢層が高くなって」と思っているひとにこそ、
こういう若いパーティがあるというのも、見てもらえたら良いのに、と思う。
若くて志の高い人たちが集まって、好きなアーティストを呼び、
アーティストの知名度に甘んじず自分達できっちりプロモーションする。
私は彼らを素直に尊敬するし、
その情熱が、出来るかぎり長く続けばいい、とも願っている。
ある程度の資本を利用して大きな興行でもしないかぎり
いまのダンスミュージックで金儲けは出来ないし、
充分に収入が得られない可能性もあるなかで、
クオリティの高いパーティを続けるのは、とても困難なこと。
EUREKA! のレジデントDJを、若い、という人も居るが、
自分達でパーティをあそこまで作り上げている彼らが、
自分達の力で音箱のDJブースで音を発するチャンスを得たことに対して、
誰ひとり、文句を言える権利は無い筈だ。
じゃあ、いまの日本において、
経験値の浅い若いDJを育てる為に、
DJブースに立てるチャンスを積極的に与えている
中規模以上の箱がどこにあるのか。
そんな状況だから、日本はここ20年近く、
日本人のずば抜けたDJが育ちにくい状況が続いているのだと思う。
EUREKA! に限らず、多くの若い才能が、
集客と音楽との時間配分に苛まれながらDJを続けているし、
そして、いつかは現場から消えていくような、そんなひとを沢山見てきた。
だから、頑張って欲しい、というのは、安易な言葉だとは思うけれど、
若い人たちが、もっと音楽の力を伸ばせるシーンに、
少しでも変わっていって欲しいと思っている。


Lay-FarのCD、ツアー日程、EUREKA! の詳細などは、
そちらをご覧下さいな。
DOMMUNEは今夜、東京公演は金曜日、Circus Tokyoでの開催です。
(うん。確かにアルバムのアートワーク、可愛いですよね。)



で、じゃあ私はなにをやっているか、というと、
まず、先日のBPでは、TR-8を持ち込んで、町田先輩のコンプで出音をぎゅっとしてもらい、
(他のマスタリングされた音源とミックスしても遜色ない状態にして)
DJセットにTR-8のビートを入れる、というのを実験的にやってみました。
私自身は太鼓を打てるだけの器用さは無いので、
ケイ君が掛けた前の曲との繋ぎに、CDJが2台必要な時の代用として使ったり、
(BPMを大幅に変えてもビートの音そのものは劣化しないので)
ハウスから遅めのダンクラの間に使って、BPMを遅くしていって、
ダンクラにミックス、という感じで使ってました。
が、まだまだ全然勉強が必要ですね、ええ解ってますとも。
でもこうやって新しいことができるのは嬉しいです。

そして、いまはまた曲作りの日々です。

Cloud Of DustのNew Mixが出ました。
Traxsourceのアフロハウスページでピックアップしてもらってます。
有り難いですね。
私は、このTwilight Mixのカリンバを、
コツコツ作るのが幸せな時間でした。
カリンバの細かなフレーズを、こつこつ、こつこつ。
なぜTwilightかというある曲からインスパイアされたからなのだけど、
きっと誰も解らないだろうから自分だけの秘密として楽しみます。
気に入ったら是非Traxsourceでどうぞ。
(いいかげんiTunesもやらないとね。。。)






今日木曜日は新丸で私DJします。
毎回テーマを決めてコメントを出すのですが、
ついにネタがつきて、ラブソング特集します、と放言しました。
(ソウルフル・ハウスはラブソングばかりだから、
特集も何もないだろうという。。。すみません、いいDJがんばります)

金曜日3月18日は、うちのKei Suganoが浅草のPUREという箱でDJします。
私はいつも、ケイ君のDJを聴くたびに、自分の足らなさ、至らなさを痛感します。
ケイ君の一人セットは、私の出来ないことが沢山つまってるので、
是非少しでも多くの人に聴きに行って欲しいと思うし、
ケイ君一人のギグも、もっと増えて、聴いて貰えたらなあ、とも思うのです。
(よく、2人じゃなくては駄目ですか?って訊かれるんですけどね、
そういうときも、ときにはあるけれど、ひとりずつでも、やりますよ。)

真面目にこつこつ、音楽頑張りますね。


 JUGEMテーマ:Dance / House Music

"Lean On Me"...May all the joy of Christmas be yours.



90年代多くの素晴らしいゴスペルハウスが作られたのは、
ハウスの掛かるパーティが教会と同じような役割を果たしていたからで、
1つ違うのは、「キリスト教徒」ではなくても受け入れてくれる
宗教に隔たりなく集える場所だった、ということ。
私自身もキリスト教徒ではないけれど、
ゴスペルで歌われる内容には共感出来るものが多いです。
キリスト教徒が歌う曲、とだけ解釈するよりも、
日々の暮らしを支えてくれる歌、という感覚で聴くと、
アメリカで多くの素晴らしいゴスペル・ハウスが生まれた意義が理解出来ます。



Kirk FranklinはR&Bスタイルの著名ゴスペルアーティストです。
Lean On Me の歌詞を是非読んでみて下さい。
苦しくてどうしようも出来ないときに、
頼っていいんだよ、とだれかに言ってもらえることが
どれだけの支えになるだろうか。

私自身は、私達が暮らすこの土地が今後、
平均的にある程度の豊かさを保てるような場所になるとは思えないし、
おそらく1%程度のための金持ちの為に
多くの人々が貧しくひもじい思いをして暮らしていくような
そして充分に収入を得られない人々を
「怠け者」「能力の欠如」といった安易で短絡的な言葉で
切り捨てていくような世の中になっていくとしか思えない。
私は毎日祈る、神様のような、祖先のような、
もしくは自分への戒めを込めて、
とにかく大切な人々が無事でありますように、と。
そして私自身ができることは、いつも同じ、
教会のようなパーティの実現を目指すこと。
それは、いつもの常連さんだけではなく、
初めて扉を開けたひとも心を開ける場所でなくてはならなくて、
その為に素晴らしい音楽をいつもそこに存在させておかなくては。
クリスマスでも、どこかのお店の閉店前のギグでも、
小さな場所でも、夏の日でも平日でも、
いつだって同じ。
素晴らしい音楽を、教会の扉をあけて受け入れるような気持ちで、
いつも奏でられるようにしなくてはと思うんです。
クリスマスの度に、そう思うんです。

少しでも多くの人が
無事で穏やかで暖かな時間を過ごせますように。





ーーーーー

明日25日はSolfa、
26日はAirで、お待ちしております。


 JUGEMテーマ:Dance / House Music

今夜もダンス・ミュージックが流れる場所へ。


東京は相変わらず、せわしなく、音楽に溢れていて、
私自身は放っておくと仕事で東京に来た日は毎晩のように
夜遊びをしてしまいそうな勢いで、充実しています。
小箱も大箱も楽しいです。
クラブサウンドが、適切な場所で鳴っている、というだけで、
楽しめる、(そしてその情熱が残っている)というのは、ありがたい。
沢山フロアで踊り、人とも出会い、
ありきたりな表現ですが「化学反応」みたいなものを楽しんでいます。
フロアで聴いた素晴らしい音楽、自分で持っていない曲の、
出音の感じ、メロディの構成、ベースとキックのバランス、
その体験を、記録出来ないというのはとても残念だ。
記憶できちんと残せない自分の頭の容量のなさを心から恨む。
すぐに忘れてしまうのならば、忘れる前に、
何度もフロアに行く、音が鳴っている場所に行く、
そうすれば、また新しい発見が有るし、感覚を取り戻してくる。

本気で吸収しよう、と思うときは、お酒は飲まない。
DJが終わるまでも、お酒は飲まない。
でも、DJが無い日で、
いい音楽を聴きながら楽しく会話したいなあ、という時は、
ウーロンハイ片手にふらふらと飲んだりする。
この間の木曜26日のOathでは、朝方に
Sun Palace - Rude Movements
が掛かってとても楽しかった。
ここ数年、知らない誰かが掛けたこの曲を聴く機会がなかった。
しかも、ジャケ付きのオリジナルで、うらやましいやつだった。
私は正規再発しか持っていないのだ。





次の日はフランソワさんのAirを聴きに行った。
1時についたらものすごく並んでいて(しかも外人さんばかり)、
下に降りるのは後にしてNoMadでKitaharaさんのDJを聴いていた。
KitaharaさんのDJがすごく良くて、
なんでこんなに巧い人が、ラウンジでDJしてるのだろう、
昨日のOathといい、日本のDJブッキング事情は本当に音楽だけじゃないんだよな、
なんて思いながらカフェオレを飲んでいた。
T.B.Brothersも、自分が欲しいな、と思う曲を掛けていたけれど、
自分よりキャリアの若いDJさんが見つけたいいネタを、
私が教わって掛けるのは、宝物を奪うようなものなので声を掛けなかった。
けれど後になって、この曲カッコいいね、くらいは言うべきだったと反省した。
そういうコミュニケーションこそが実体験だものね。
下のフロアに降りてからは、踊りながら、お客さんの反応をずっと見ていた。
いまの東京では、お客さんはどのような曲で反応するのか、
どういう流れでどう掛ければ、曲が適切に機能するのか。
朝方、フランソワが定番の曲を3曲、連続で掛けて、
お客さんはものすごく盛り上がったけれど、
そのあと、皆の知らない硬めの曲が掛かったら、
まるで盛り上がるカラオケ曲が終わったかのような状態になった。
さっきまでの盛り上がりが嘘のように消えていくような。
フロアのお客さんは、どうして一曲すらも、知らない曲を受け止めないのだろう、
知っている曲だけカラオケのように楽しんで、
知らない曲は、次の知っている曲を待っている。
そうか、日本はカラオケ文化から離れられないのか。
それを言ったらNYのシーンも同じなのかもしれない、
知っている曲が連続で掛かっているときのNYのフロアを思い出した。
でも、そこに未来はあるのか。
古い曲も好きだし、知っている曲も好きだし、
皆を喜ばせたいから古い曲を掛けるけれど、
私は未来を見たいし、新しいものが欲しい。
古い曲でも、新しい聴かせ方、新しい組み合わせをしてくれるなら、
それはとても楽しいものになるのだけれど、
(だからDanny Krivitが好きなのだけれど)
いつもの曲をいつもの流れで聴こえてくるフロアに、
新鮮さを感じられないと、まいったなあ、と思う。
と同時に、もっと自分自身の定番曲の掛け方を突き詰めなくてはと反省する。

次の日は、Zeroのin the mix 20周年、Ashley BeedleとMochizukiさんを聴き、
その後AirにSatoshi Tomiieさんを聴きに行った。
出音がすごく良かったので、あとでブースのセッティングを聴いてみたら、
タンテCDJそしてパイオニアのミキサー。
パイオニアでこんな音が出せるのか。
hi-mid lowの分離も素晴らしく、
曲ごとの出音を把握した上でのコントロール。
選曲の流れも、ものすごくクリエイティブだった。
キックの質感を変えるタイミング、
つまり、しばらくMidに意識を集中させる楽曲が続いた後に
どっしり重いlowが来た時の高揚感。
流石、大箱を何年も積み重ねたDJはすごいな、と感動した。
昨日のSteve Bugも、フロアでずっと踊っていた。
個性的なベースラインの曲、
2つの予想外なメロディが組み合わさった曲、
いろんな面白い曲の中に、
80-90年代前半のハウスの歌物が混ざったりなど、
個人的には前回のAirの時よりも緊張感がビシビシ伝わって、楽しかった。

今日は、RemiさんのOathを聴いて、
それからDavid Moralesを聴きに行ってきます。
現場で聴くダンスミュージックは
いつだってインスピレーションをくれます。


新しい曲が出ました。今年最後のリリースだと思います。
Kings Of House で来日したTony Humphriesのレーベルからです。
是非チェックして下さいませ。
曲買ってますよ、って声かけてくれる皆様、
いつも本当に有難うございます。

Tony's Traxxx 2015 Tony Records 
"Basement Dancers" Dazzle Drums
"The Flute (Dazzle Drums Overdub)" Peppe Citarella




 JUGEMテーマ:Dance / House Music

"Take My Hand" Me And The Gang



今夜は渋谷にいらっしゃる方は1000円札片手に、
駅徒歩1分の好立地、Bar Bridgeにお越し下さいな。
夜景と音楽があなたを待っています!
22時からナギ、23時から246さん、で、1時間交代です。



さてさてアートワークもコンセプトも、
一貫しているMe And The Gangシリーズ。
使いやすいトラックを定期的にリリースしております。


 (Buy Traxsource)



(Buy Traxsource


"Take My Hand"は10月3日プロモ・リリースです。









 JUGEMテーマ:Dance / House Music


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode