Danny Krivit 12/19フライヤー レコジャケ紹介 その7






(七段目左1枚目)
■"Closer I Get" Marie St. James (Yoruba Records)■
yorubaというレーベルを一躍有名にした
ある意味シャンテ・ムーアの"This Time"のイントロを思わせる
とても美しい一曲。
リリース当時は特にですが、
随分とダニーがプレイするこの曲を聴いた気がします。


(七段目左2枚目)
■『I Want You』 Marvin Gaye (Tamla Motow)■
数年前の高崎でのギグのとき、ピークタイムに
"I Want You"のエディットをプレイされたときはものすごく泣けました。
それまでは、泣ける、というより、ある意味愛の営み、みたいな印象の方が
強かったのですが、その瞬間の"I want you"は
とても切実で魂のこもったメッセージに聴こえてきて。
その夜はもちろん、最高のパーティでした。
お客さんも、最高でした。


(七段目左3枚目)
■"Trans-Europe Express (Breakdown Edit By Mr. K)" Kraftwerk (Promo)■
渋谷FMでラジオの収録があるから来ないか?と言われスタジオに遊びに行き、
前半のBPM100以下くらいのソウルセットがそれはもうすごく良くて。
"get on the case"Jerry Butlerで涙を抑えて。。。
そこからちゃんと最後はハウスの速さに持っていくのですが、
途中にいい役割を果たしていたのがクラフトワークのこのエディット。
それまでとは違う世界へとスムースに引き継いでくれます。


(七段目左4枚目)
■『Love Byrd』 Donald Byrd And 125th Street, N.Y.C. (Elektra)■
"Love Has Come Around"はイントロから春が来たような喜びをくれる。
9月のT.U.G@Secoの終わりも終わりにプレイした
"Love Has Come Around"はとても幸せで晴れやかな気持ちにさせてくれました。


(七段目右3枚目)
■"Run" Shake The Dog Ft. Monique Bingham / Symple Soul■
ダニーはモニークの作品をよくプレイするけれど
この曲は今年特に多く掛けていたように思います。
レコードでちゃんとリリースされたのもいいですね。しかもレッド・ヴァイナル。


(七段目右2枚目)
■"Over And Over" Sylvester (Fantasy)■
超定番のシルヴェスター、
繰り返しあきらめず相手を口説いてるイメージのこの曲が
パーティが終わりそうなときに掛かると、
「おお、まだまだ長くやる気なんですか????」と思ってしまう。
そう、だからダニーの長いセットが終わりかけたときに
これが掛かったりするといろんな意味でドキドキします。
不屈の精神を感じさせる言葉と緩急、
その合間に入る切ないストリングスが沁みます。


(七段目右1枚目)
■"Music Takes Me Up" Mr. Scruff & Alice Russell (Ninja Tuna)■
ダニーが日本でこの曲をプレイして
確実にファンを増やしてきました。
オルガンが印象的なファンキーなトラックにジャジーなヴォーカルが絡み
タイトルの歌詞を歌い上げるサビに差し掛かったときの高揚感は、
まさに"Music Takes Me Up" !ですね。




----------------------------------------
ということでフライヤーのレコ紹介これで終了しました〜。
お疲れ様でした、私!
時間もなく、たいした紹介文ではないですがお許しくださいませ。
明日は宇都宮にダニーを聴きに行きます。
知らない場所、どきどきしますね。
宇都宮の皆様、お邪魔いたします!

コメント
宇都宮楽しみです。
  • Asaka
  • 2009/12/18 8:09 AM
Asakaさま

いま宇都宮です。
楽しみましょうね!!
  • nagi
  • 2009/12/18 10:36 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode