マルタからヨーロッパツアー中間報告+今日のBPはKengoのOpen-to-Lastです!

 

久々にブログ書ける余裕ができました。

皆様御元気でしょうか?

日曜は高松からの帰りのフライトがキャンセルになり延泊、

月曜は代わりの飛行機でなんとか間に合ってWorldwide FMに出演、

火曜は入稿に向けてZepherin Saintのフライヤーを作成し、

水曜はそのまま準備で一睡もできずまずはドバイへフライト。

木曜はドバイで久々のCoryと再会、

ドバイは色んな理由でギグが無くなっちゃったのですが、

それでもAnalog Roomに連れてってもらって、それがすごく良いパーティでした。

https://www.facebook.com/analogroomdxb/

ドバイという土地柄、どうしてもコマーシャルになりがちなシーンの中で、

アンダーグラウンドなパーティを作るという意気込みが、

音と、レギュラーDJの立ち振るまいから伝わってきました。

この日はMoritz von Oswaldがゲストで、

ゲストがプレイ中にも細かに気遣うレギュラーDJ陣の姿勢が

すごく自然で、伝わるものが有りました。

金曜日はCoryの家のスタジオを鳴らしながら音楽の話をして

クラブも回ったけれど、やっぱりラグジュアリーな感じ、

ドバイはローカルな人はクラブには足を運ばず、

外の国から仕事に来た人達が集まるのだけれど、

みんな2年くらいで自分の国に戻っちゃったりするから

なかなかシーンを作るのは難しいんですって。。

土曜は早朝から朝からフライト、まずは一旦マルタに行って、

その後ローマに移動、空港までJackoに迎えに来てもらって、

やっと直接会えて、それがとても嬉しく、

地元のピザを一緒に食べました。

7月2日、日曜日は初めてのローマでのギグ、

Riva Beach Clubはビーチに作られたレストランで、

広くチルアウト出来る空間があって、多くの人で賑わっています。

が、レコードが掛けれないほどに風が強く、

砂も目に入るし、で、お客さんは少なめだったのですが、

折角Maurizioさんに作って頂いた機会なので、

なんとか形にしよう、と頑張りました。

ブースから見て、手前はソウルフルなハウスが大好きな

昔からパーティに遊びにき続けた、知識のあるスペシャルな人々、

遠くにはテクノが聴きたい若いひとたちが集まっていて、

いつも私達はどっちのお客さんも楽しめるようなセットを作るのが目標ですが、

この日は最初色々試したのですが、結局ソウルフルなセットへ。

私達のことを全く知らないお客さんに、音楽を信頼してもらうまで、

DJを始めてから最低1時間はかかる。

それでもなんとか、パーティのピークを作って、

初めての皆さんがブースに押し寄せて、

何人もが手でハートの形を作ってくれたりすると、

すごく大きな感謝の気持ちとともに、

頑張ってブッキングしてくれたMaurizioの顔に泥を塗らなくてよかった、と、

本気で安堵しました。

ローマの皆さん、本当にありがとう。

月曜日はDouble Cheese RecordのLuyoさんと再会。

子育てもあってかなり忙しい中、時間を作ってくれました。

直接会って話をするのは、すごく大切なことですね。

色んな情報交換だけでなく、頑張ってる人と一緒に過ごす時間は有り難いです。

夜はMaurizioと美しくて賢い奥様Deborah、Jackoと一緒にディナー。

その後ローマの観光地に夜のドライブで連れて行ってもらいました。

ファミリーのような暖かさに、なんかもうどう恩返しをしていいのやら。。。

火曜日はJackoの家に行って、

スタジオ部屋にあるBozakの4Bandアイソを初めて触らせてもらいました。

音の切れ方がスムースで自然、4バンドと3バンドと切り替えが可能、

ノブが大きくて操作性も良くて、私は好きです。

そのあと色々音楽を聴いたりして、またピザを食べて。別れ際は切ないね。

水曜は朝早くローマの空港に行き、マルタへフライト。

DJ Gorgobot aka Gordonに迎えにきてもらって、

夜はギグをする場所の下見へ。

12日水曜にDJするA Little Crushは毎週開催なので覗きに行くと、

若い人が中心にディスコ / ハウスを楽しんでいて、いい雰囲気。

一緒にDJするNicky Slimとも会えました。

次の日木曜は移動と色んなミーティングで結構疲れがたまってたのか、

(あまりちゃんと寝れなかったしね)

もしくはマルタの空気に眠くなる成分が入っているのか、

とにかく寝て、寝て、目が覚めたらたまってた事務作業。

途中で一切進捗メールが来なくなった印刷会社にメールしたり

Zepherin Saint がCDを出す情報を得て、じゃあツアーに合わせようよ、と

バタバタしていた件もやっと落ち着いたので各方面にメール、

(皆様遅くなって申し訳有りませんでした)

あとは金曜日のDJの準備をして。。。水曜夜に金曜の現場も見てきたので、

それからもう一回セットの練り直し。

そして7月7日金曜日、サウンドチェックの為に早めに

会場The Funky Monkeyへ。

ここは外のブースが基本で、小屋のような作りの屋内もあるのですが、

少し前に警察が入った関係で、深夜は屋内で、との希望が有り、

外と、屋内とブースを2つ用意、私達は屋内で、とのことで、

屋内にAllen & Heathのミキサー、

外は自分達が知らないミキサーを設置してくれたのですが、

結局私達のセットが終るまでは外で、ということになりました。が、

このミキサーが途中から急にリミッターが掛かったり音が途切れたり、

さらにCDJの電源が2回切れてエマージェンシーループになったり、

お客さんは「お前らをサポートするぞ」って言って

何人もブースに上がって踊り始めてどんちゃん騒ぎ、

現場はハウスのお客さんだけではないので、

4つ打ちが基本でも色んなテイストの音楽を掛けて。。。

フロアとの信頼関係も作れて、

もっとDJしたいなあ、と思ったけれど、2時間はあっという間でした。

お客さんにもっとやれ、とすごく言われたけれど、

屋内のブースでこれから別のDJさんがやるんです、御免なさい、

という気持ちで一杯ですが、恥ずかしながらうまく英語で説明出来ず

とにかく有難うという感じでフロアに降りて、

声を掛けてくれた色んな人にthank youとハグをしました。

DJ終了後はお店のマネージャーさんとラムのショットを飲み、

そこから一気に酔いが回って。。。

土曜日はそんなだったので、2日酔いでしたが、

ふらふらと外に出て食事の場所を探してたら、

「昨日DJ良かったよ、ありがとう!」と

オープンテラスのパスタ専門のレストランのお兄さんが声を掛けてくれたので、

そんな出会いにとても嬉しく、感謝の気持ちもあって、

じゃあここで、と、美味しい生パスタを頂きました。
嬉しいですね、そういえば、SeteでDJしたときも、街で声を掛けてもらいました。

ヨーロッパはこういう交流があって嬉しいですね。

 

 

 

https://www.facebook.com/events/451959535173230/

 

さて、いまマルタは日曜日早朝。

東京では、Block Partyがもうすぐ始まります。

もっともっと、Kengo君に成長して欲しいので、

今日はkengo君にOpen-to-LastでのDJをお願いしました。

私達も、Block Partyのお客さんに成長させてもらいました。

毎回最高の内装と照明、そして全力のKengo君が皆様をお迎えします。

皆様是非Block Partyにお越し下さい!

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Dance / House Music



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode