11月2日金曜日はMusic Of Many Colours@Contactです!前日はDommuneも出演します。

 

 

今週金曜日に迫りました!Music Of Many Colours、略してMOMC。

今回もContactで開催です。

第5回目にして、ようやく当初からの目的だった、

「日本人ローカルだけの出演者」のMOMCが実現します。

この企画を承諾してくれたContactの皆さま、有難うございます。

こんなチャレンジをさせていただくのだから、

いいパーティをして、恩返ししなければ、という気持ちです。

 

ダンサーの皆さんのラインナップは

いつも一緒にパーティしているOpen Sessionのお任せしています。

だからこそ、毎回当日がとても楽しみなのです。

Dance Showcaseだけでなく、

フロアで盛り上げてくれるFloor Creation Dancersの皆さんのおかげで、

ダンスフロアが、ちゃんと表現の場所になるんですよね。

もちろん、ゆっくり横揺れしている、ダンサーではないお客さんも

私たちは大好きです、いつもありがとうございます。

MOMCのFBページで

今回出演していただくダンサーの皆さんのご紹介をしています。

ぜひチェックしてくださいね!

https://www.facebook.com/MusicOfManyColours/

 

そして、DJの出演者に関しては、

こちらもまずは、いつも一緒にパーティを作ってくれるメンバー。

今回もみんなで、それぞれMOMCに向けてDJ Mixを作りました。

まだ聞いてない方、いたらぜひ、チェックしてくださいね。

MOMCのsoundcloudアカウントにまとまっています。

https://soundcloud.com/music_of_many_colours

 

 

DJのゲストは

滋賀MoveのK-SUKEさんと

青山ZeroのYuki Teradaくんにお願いしました。

ここ最近いろんな現場でDJしたり遊んだりして、

思うことがたくさんあります。

まず、ここ最近の風営法改正からの流れで

小箱が営業を続けることが、以前よりもハードルが上がってしまったこと。

例えば、蜂で逮捕されたスタッフの一人はいまも蜂という場所を守り続けて、

法律で定められた時間帯に営業しています。

Oathの後に、久々に朝の6時以降にフラフラ遊べるタイミングができたので、

蜂に行って、相変わらず私が愚痴を聞いてもらう感じで。。。

私自身、ずっと小箱に育てられてきた人間です。

ElevenでDJができるようになった頃に、スタッフの何人かには、

いつもフロアで踊ってたから、私たちがDJだって知らなかった、と言われました。

そのころは私もけいくんもDJ始めて10年は経ってましたし、

レコードも何枚かリリースしていました。

もちろん、その当時のElevenに対して寂しいとか悲しいとか、そういう話ではなく、

そのくらい、私たちはそれまでずっと、

小箱でたくさんの経験を積ませてもらったのです。

特に、Zero、そして前身のLoopにも本当にお世話になりました。

Loopが閉店後、Zeroが始まる、というときに、

もしYukiくんがZeroの店長をやらなかったら、

私たちはここでBlock Partyをやろうという気持ちにはなりませんでした。

ZeroのサウンドシステムはYukiくんが(いろんな方に相談しながら)作っています。

この()内は、多分Yukiならこう言うだろうな、と思って付け足しました。

が、当然毎日のお店のサウンドを守っているのは彼ですし、

私たちも毎回、Block Partyのサウンドチェックではわがままを言います。

それでも、ここ最近は、一回フロアで出音を聞いたら、

バッチリ、問題ないね、って、修正をしないことが多いです。

あれだけ解像度の高い出音にも関わらず、

コンプを外した状態で、

アナログも、デジタルも、ちゃんとバランス良く鳴る。有難いです。

もちろん、Zeroだけでなく、いろんな小箱が日々の営業を頑張ってらして、

私たちが育ったように、いろんなDJが小箱でDJして、パーティをしている。

そんなDJさんたちが、自分が大好きな音楽を知ってもらうために、

いろんな友達に声をかけて、DJを続けている。

だから、小箱がなければシーン自体も存在できないし、

にも関わらず、大箱やフェスティバルばかりが注目される状況は、

なんだかあまりに商業的なのではないか、と思うのです。

海外のクラブミュージック情報サイトがOathをピックアップする前に、

もっとOathがレギュラーDJを中心に作ってきたあの現場を

日本のメディアが評価してもよかったはずだし、

いろんな店が閉店するときになって、残念だと声をあげるよりは、

もっと小箱の重要性が伝わるシーンになるべきだと思います。

Yukiくんは、店長としてでなく、DJとしても、

毎週水曜に開催されるNoriさんのパーティTreeのサポートだけでなく、

ときにはメインタイムを任される存在です。

つまり、「DJの視点で、小箱の営業を、真正面からぶつかって続けている人」です。

この点でいうと、滋賀CLUB MOVEを21年間オーナーとして続けてきた

K-SUKEさんも、同じです。

関西方面のハウスシーンの規模がこの10年で随分縮小したにも関わらず、

平日はDJの勉強をしたい人のためにブースを解放したり、

大学生のダンサーさんでハウスのパーティをやったり、と、

若い世代も受け入れながら、

Danny KrivitやFrancois Kなど、現在も海外のアーティスト公演も行ってます。

全体的にどの地方都市も、

ダンス・ミュージックの奥深さを伝えようと、

音質や音楽ジャンルにこだわる箱ほど、集客に苦労している、

という話を聞きました。

特にハウスは大変だ、というのは、本当に耳にする話です。

日本については、

ハウスとテクノなどの違いを理解した上で音楽を紹介するメジャーなメディアが少ないので、

クラブでかかる音楽を、まとめてテクノ、とか、EDM、とか紹介されることはよくあるので、

特にハウスというジャンルについては、

もしかしたらテクノだと思っている方も、一般的には多いのかもしれません。

そんな中で、ハウスを中心に東京以外の土地でDJやパーティを続けることは、

強い信念がないと、できないことです。

K-SUKEさんも、お店のオーナー、というだけでなく、

80年代からDJを続けている方です。

関西のハウスシーンを支えて来たK-SUKEさんのDJを

ぜひ聞いていただきたいですし、

一人でも多くの方に、その存在を知って頂けたらと思っています。

 

今回、K-SUKEさん、Yuki Teradaくんを、

MOMCのゲストDJとして出演していただけることを、

私は心から感謝しますし、自分自身がとても嬉しいです。

パーティの紹介テキストにもありますが、

「地方と東京、小箱と大箱、過去と現在、

ときには切り離されているかのように見えるダンス・ミュージックへの情熱とカルチャーを、

パーティという形式のプラットフォームで繋ぎ合わせるのが今回の試み」です。

今流行っているもの、今盛り上がっているもの、今集客できるやり方、ではなく

長い時間をかけて継続してきたものがあってこそのクラブシーンであり、

その土台がなければ、音楽的な成熟は絶対に生まれない、

と、私は強く信じています。

 

クラブも、パーティも、結局は、人と人が作るもの、

だからこそ、人と人がつながる空気感というのも、

すごく大事だと思っていて。。。

そんな中で、毎回BPに遊びに来てくださる方からのご提案で、

そのかたが大好きなカレー屋さんSpicehutのカレーと、

そして、コーヒーを淹れるのが好きな友人さん、a cup of...のコーヒーを、

MOMC当日に無料で配布していただけることになりました。

そのかたはContactのことも好きで、

このお店に少しでも恩返しができたら、なんてことも仰っていて。。。

コーヒーは、日々某有名コーヒーショップで働く方のコーヒが戴けます。

私、DJ中に1番欲しい飲み物、実はアイスカフェオレorラテ、

つまりコーヒーなのです。今回は堂々とブースで美味しいコーヒーが飲めます。

そして、こちら、カレーを作っている方のポストです。

美味しそうでしょう??私も食べたい、50食限定です!

 

 

あと、今回はニューハーフのタロット占い師、

おりぃぶぅさんが美しいお姿で会場を歩いております。

本当にお綺麗なので!

(新宿2丁目でこの方を私の知ってる業界の男性が奪い合いの喧嘩をしたという噂も。。。)

しかもよく当たるそうです。。。

占いブース、作る予定です。そこで、ひっそり、占っていただければと。。。

一つ、ポスト拝借しました。

 

 

このクオリティです、素敵です、私も占ってもらいます。超楽しみです。

 

 

そして、今回もKEEEさんにパーティの様子を撮影していただきます。

前回の写真2つと、あと、今回渋谷エンタメフェス、ということで、

KEEEさんが撮影した渋谷の写真2つも、

大きくして、飾ります。

こちらは前回MOMCの時のポストです。

 

 

そして、ライティングはもちろんMACHIDAさん、

BPだけでなくMOMCのみんなからも絶大な信頼を寄せる、町田さん。

私たちは、この方の照明に毎回助けられています。

DJの音楽を最大に引き立てるのは照明であり、

壁の黒いContactのStudioフロアなら、

照明の効果、素晴らしさ、を解ってもらえると思います。

 

 

 

 

Music Of Many Colours 11.02 Time Table 

 

-Studio-
21:00-23:00 Phenol 
23:00-01:00 SHOWHEY
01:00-1:30 million SITUATION (Dance Showcase)
1:30-5:30 Dazzle Drums

 

-Contact-
21:00-23:00 Kengo
23:00-0:30 HEAVEN
0:30-2:00 T.P.
2:00-4:00 K-SUKE
4:00-5:30 Yuki Terada

 

私たちも、Contactで4時間DJ、は新しい挑戦です。

パーティの名前を裏切らないように、

沢山の色の音楽を準備して、皆様をお待ちしております!

 

https://www.facebook.com/events/327891991298715/
http://www.contacttokyo.com/schedule/music-of-many-colours-5/
https://www.residentadvisor.net/events/1162574
 

この日は、渋谷エンタメフェス、の一環なので、

料金設定がこれまでと異なります。

メルマガを読んでいただいた方にはお伝えしましたが、

今回は23時より前に来ても、男性は3500円、と、高めなので、

ご希望の方にはディスカウントの対応をさせていただきます。

当日の17時までに、私のアカウントのSNSにDMでご連絡ください。

https://www.instagram.com/n_dazzledrums/

https://twitter.com/n_dazzledrums

https://www.facebook.com/nagi.dazzledrums

 

 

 

MOMC開催の前日、11月1 日は、Dommuneに出演します!

滋賀のK-SUKEさんにも前日から東京入りして頂ける事になりました。

ダンサーの皆さんとのフリースタイルのセッションもあります!

 

Twitter
https://twitter.com/DOMMUNE/status/1056556726407712769
予約フォーム
http://www.dommune.com/reserve/2018/1101/#p2

 

-Dommune Time Table-


20:00-20:45 Heaven
20:45-21:30 SHOWHEY
21:30-22:45 K-SUKE
22:45-23:00 Session Dancers + Dazzle Drums
23:00-24:00 Dazzle Drums

 

遠方の方も、お近くの方も、ぜひ木曜日はDommuneご覧ください!

 

 

最後に、土曜日Oathお越し下さった皆さま有難うございました!

CMTさんとの一晩、楽しかった、とても楽しかったです。

同じ日に渋谷で軽トラを倒して迷惑をかけた集団がニュースになってましたが、

Oathにはそんな乱暴そうなお客さんは全くいませんでした、

ハロウィン的な仮装も海外の方が軽く楽しんでる程度で、

全身コスチューム、みたいな人はほとんど見かけませんでした。

それ以前に、私がDJさせてもらっている現場には

軽トラを倒し警察に絡んで騒ぐようなお客さんって

どんな時期でも、見かけたことがないというか。。。

クラブに行く人が全部同じように迷惑をかけると思われたくないです。

私自身、ハリウッド映画も(リアルな描写が怖くて)観れない人間です。笑

モラレスさんも無事に釈放されたし。

堂々とパーティをやっていきましょう。

私たちは音楽を共有できる空間に集まっているのだから。

そして、いつもパーティができる箱を守ってくれている

現場の皆様に心から感謝します。

 

 

 

JUGEMテーマ:Dance / House Music



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode