13周年に感謝。次回のBlock Party "Street Player"は入場無料で開催します。

 

台風で被災された皆様が少しでも早く穏やかな生活を取り戻すのを
心よりお祈りいたします。
ケイくんが機材やレコードにビニールをかぶせてくれました。
そして今回も私達は家族も家も無事でしたが。。。
心が痛みます。

 

 

Block Party 13周年にお越し下さった皆様、
本当にありがとうございました。
内装チームも照明も本当に頑張ってくれました。
避難所での作業を経た超立派な鳥さんや、
うちに持って帰った立体の13の数字、
照明もこの日のスペシャルでした。
お祝いのお花、
お祝いの13の風船、
シャンパン、
そしてフロアからのサポート、
感謝に尽きます。

 

DJについてはケイくんとBack To Backで始めてから、
しばらくは新譜を続けてかけてみよう、って決めて
3曲くらいでやっぱり混ぜた方がいいのかな、って感じながらも、
せいぜい古くても2-3年前程度も引っ張りながら、
ケイくんはハウスクラシックスのビートをちょっと混ぜながら、とか
やってみたけれど、
なかなか新譜のソウルフルハウスで1時間続ける、というのは
グッと一体感を作るのには難しかった。
やっぱり3曲ずつくらいで変えていくのがいいのかな。
クラシックスを大事にする自分達の現場において、

どうやったら知らない曲でも盛り上がる集中力のあるフロアを作れるのか、

3曲とかでジャンルを変えていく自分たちのスタイルに、
落ち着きがないんじゃないか、とか
色々考えて、迷ったりするけれど、
Block Partyでこうやって自分のDJスタイルの方向性を
確認したり、新しいことを試せたりできて、
本当にありがたい、と思います。

プレイの後半は、今月もいろいろビートダウンしたり

ドラムンかけたりして、無事に着地。

最近はみんなが知ってる曲の間にいろんなトライをするのが楽しいです。


この場所がなかったら、という想像はなかなか難しい。

この13年色々ありました。
LOOPが閉店するときには朝11時までやって200人近い人が来てくれた、
あのとき、続けて来て良かったって、がっつり実感した経験が大きかった。
それが今のモチベーションにも続いてます。
http://common.dazzledrums.com/?eid=1012312
Danny Krivit先生にもやってもらって、
そのときは15時までやったんだった、大切な思い出です。
http://common.dazzledrums.com/?eid=1011528
2011年の震災後から1年経った日に入場無料で開催して、
http://common.dazzledrums.com/?day=20120221
その次の回から1000/1Dに料金を下げたんですよね。
http://common.dazzledrums.com/?eid=1012202

 

こうやって振り返って見ても、
自分のやりたいことはずっと昔から一貫してる。
貧富の差、自身が置かれた環境に左右されずに、
「音楽とパーティの力強さ」を「実体験」してほしい、ということだ。
ダンスミュージックをを表現してる側からすると、
家でPCやiPhoneで聞いてる人たちにこそクラブで体験してほしい。
音楽を無料で楽しむことが主流になっている現代において、
無料の中でしか音楽と出会う手段がない(見つけられない)人の方が
圧倒的に多いはずだ。
特に日本の場合は騒音に厳しい人たちが多いので
どこかの公園でシステムを持ち込んでパーティをするにも様々な段取りが必要で、
それだけでパーティミュージックと出会う機会は確実に欧米よりも少ない。
そしてパーティの素晴らしいところは、様々な形で生きている人が混ざり合うことだ。
世代も性別も社会的地位も階級とかで表現される、それぞれが区分けされている
その垣根を音楽で越えられるのがパーティの力だといまでも信じてる。
信じてる?こんな世の中でも? そう、信じてる、
だから、久しぶりに入場無料のBlock Partyをやります。
あいかわず、やりたい、と思い始めたら、なかなか頑固な自分ですが、
それを賛成/了承してくれたスタッフ、そしてZeroの皆さんには
心から感謝します。
パーティのサブタイトルも、Street Player。
https://www.residentadvisor.net/events/1332501

 


ダンスミュージックシーンは確かにユースカルチャーではあるけれど、
音楽は未熟でもいいのか?と問われたらnoだと私は思っている。
これからに期待できる多くの才能も大事、
だけど、続けて来てるからこそできる表現があると信じています。
(若いDJさんたちの勢い/注目度/集客力に弱気になっている中堅DJさんがいるならば
どうか自信を持って堂々と自身が信じる音楽を表現してほしいと思います。)
ただし、続けているDJさんの中には
ずっと何年もレコードバッグの中身が変わらないような方もいて。。。
それを毎日夢中になって曲を掘っている若手からどんな風に見られるのか、
想像した上でDJブースに立つことが必要だと思う。
同じ曲ばかりでも、どう工夫してかけるか、
他と違う表現をどうやって作るか、の試行錯誤が見えないなら、
必死でいま模索してる若手のDJの方が全然新鮮で面白い。
リンクするカルチャーやストーリー性、情報拡散力に振り回されすぎている
こんな時代のシーンだからこそ、音楽しかできない人間は、

丁寧に音楽をやりたいですよね。
そして、大人と若い人たちがSNSで苦言を投げ合うより、
直接会って話せるシーンの方が絶対にいいと思います。
お客さんだけでなくDJ同士も。何だって混ざらないと次は見えてこない。

 

ZeroもBlock Partyも基本姿勢として規模が大きいものを求めていないので、
これをやることが何かの影響力を持つとは思っていないけど、
内装、照明、集まっているお客さん含め、
唯一無二、のパーティだと思ってるので、
自分たちが13年間守り続けた場所を、
少しでも多くの人が体験してくれたらと願います。
10月11日夕方4時から、いつもの青山zeroでお待ちしております。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Block Party "Street Player"

 

 

11月10日(日曜夕方)Sunday Afternoon

 

16:00-22:00

 

 

数年前にもやりましたが、久々にBlock PartyをFREE PARTYにします。より多くの人に気軽に体験して貰いたいです。ぜひ遊びに来て下さい!
We did it for a few years ago. After a long time, Block Party will be held at FREE PARTY. We want to have more people feel free to experience it. Please join us!

See you on the dance floor.

未成年の方もご入場頂けます。当日のアルコール販売は20歳以上の方のみとなります。入口にてIDのご確認をいたします。
Even if you're under 20 years, please come & join our party. Alcohol sales on the day is only for those over the age of 20. We will check the ID at the entrance.

http://www.block-party.info
https://www.facebook.com/blockparty.tokyo
http://www.dazzledrums.com/

Timetable

16:00-17:30 Kengo
17:30-22:00 Dazzle Drums

 



ひさしぶりに、入場無料 / Admission FreeのBlock Partyを開催致します。東日本大震災の翌年、2012年3月11日に同様の開催をしましたが、あの当時と変わらない姿勢で、私達は自身が信じる理想のパーティを目指して、今日まで継続しています。
年齢、性別、社会的地位、経済力、国籍、ほかにも様々な線引きで隔てられた人と人との間に、音楽の粒子を散りばめて虹の架け橋をつくりたい。DJだけでなく照明や内装も一体になって、厚い雲に光が射して誰もが心を開くような雨上がりの瞬間を、すこしでもその場に集まった皆さんと一緒に共有したい。

大多数のひとびとが「無料」で楽しめる枠組みのなかから音楽/娯楽を選択する比重が強くなった現在ですが、YouTubeやSpotify、PCやiPhoneで聞く音楽と全く違う、力強く繊細で頼もしく、どこまでも深く寄り添うように優しい音楽体験が、ダンスフロアには溢れています。

是非お気軽にお越し下さい、とくにクラブに足を運んだことがないかたが、覗きに来てくれたら嬉しいです。怖い場所でも、騒ぐことを強要する場所でもありません。むしろこのパーティは、普段はおとなしかったりシャイなタイプの方が多いかもしれません。独りで来てダンスフロアでずっと音楽を聴いている人々にDJは支えられ、いつもの常連の皆さんの乾杯の声にお店が支えられ、そして青山 0 Zeroの会場全体が一体になる瞬間は、パーティの主催側全員がほっとします。今回もこの瞬間を作れてよかった、と。

今回の入場無料での開催は、会場0 Zeroの協力を得て実現することができました。どうかソフトドリンク1杯だけでもご注文戴きますよう、ご協力をお願い致します。
皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 


 

JUGEMテーマ:Dance / House Music



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode