モロコ/カタログ

前述しましたがMOLOKOの二枚組CDベスト+ライブ盤
"CATALOGUE" MOLOKO がポニーキャニオンから7/19に発売されます。
今回はポニーキャニオンのテリーさんから資料なども読ませていただき、
興味深かったので、ちょっとご紹介させてください。


MOLOKOという名前は、
"Sing It Back"Boris Dlougosh Mixで知った方も多いのでは?
当初のレコード屋に並んだ盤は犬の写真のジャケットで、
NORIさんとの会話も、
「犬、いいよな!」って感じで成り立ってました(笑)。が、
おちゃらけてる訳ではなく本当にいい曲で、
『シンプルなトラックに映えるすこし切ないヴォーカル』という
日本でヒットする歌モノハウスの王道を見事に捉えた楽曲で、
日本どころかティミーもフランソワもプレイする大ヒット。
その後"The Time Is Now" "Forever More"と、
ポップシーンに疎い私達でも知っているヒットを数多く生み出し、
今はDanny先生がヘビープレイの"Forever More" Balearic Soul Remix
が大ヒット中。

sing it backthe time is now
forever more remix

左上:"Sing It Back"再発盤 右上:"The Time Is Now"
左下:"Forever More" Balearic Soul Remix

それにしても"Forever More"の歌詞は切ない。。。
(でも歌と人の関係を愛する私としては
"Sing It Back"の歌詞のほうが好きです)。

UKのリミキサー兼プロデューサーMark Brydonが
クラブで12歳下のRoisin Murphyと出会い、
Roisinの"Do you like my tight sweater?"という言葉を繰り返す、
明らかに酔っ払いの行動をMarkが気に入って
スタジオに直行しMOLOKOが誕生した、ということですが。
そのときのFeelingを信じるその行動力は凄いのか、
それともただのナンパなのか、解りませんが(笑)
ヴォーカルRoisin Murphy、これまで音楽的キャリアが一切無かった、
というのは正直驚きでした。
私は"Sing It Back"を最初に聴いたときは
原曲のメロディもBoris Dlougoshの仕事も確かにすばらしいけど、
この曲はヴォーカリストの勝利、という印象が強かった。
聴く人の耳を撫でて寄り添うような表現力。。。
"The Time Is Now" も"Forever More"も
それぞれの楽曲性を生かした歌い方をしてるし、
声に技術も個性も持った素敵なボーカリストですよね。

実際今回受け取ったライブ音源を聴いてみても
スタジオでしか歌えないヴォーカリスト
(クラブミュージックは特に)が多い中で、安定した表現力。
先日5/7に行われた718 SESSIONSでの
Roisin Murphy単独の"Forever More"のライブは
凄く面白いものになったのでは??
ライブ盤で特筆すべき楽曲は"Sing It Back"。
中盤から皆ご存知超有名ネタtrackのLOOPが絡んできて、
そこから"Everybody Be Somebody"Ruffneck featuring Yavahn
(懐かしい。。。)のフレーズでクラウドを煽り、
ブレイクを作ったところで
Sing It Backのメロティを再度歌い上げる展開は
バッチリ!はまってます。
ライブ慣れしてるんだろうな。
そういえばDanny先生にこのベスト+ライブ盤を渡したら
「cool!」って言ってとても喜んでました。

上記に挙げた3曲以外にも結構聴いてて楽しめました。
菅野家は他には"Day for night"がお気に入りで、
kei君が今回のMIXSHOW(5/31付)でOriginalもLive versionも
プレイしてますので是非チェックしてくださいね。いい曲です。
(http://www.dazzledrums.comから、mixshowをクリック)
ちなみに日本盤CDのみのボーナス映像として、
Sing It Back"のビデオ・クリップがCD-EXTRA収録されるそうです。
見たい!正規盤が楽しみです。。。


『MOLOKO / CATALOGUE』(ponycanyon)


【収録楽曲】
DISC 1
01. THE Time IS Now
02. Sing It Back
03. Fun For Me
04. Familiar Feeling
05. Pure pleasure Seeker
06. Cannot Contain This
07. Bankrupt Emotionally
08. Day For Night
09. indigo
10. The Flipside
11. Where is The What if the What is in why?
12. FOREVER MORE
13. STATUES
SING IT BACK (Music Video)* *日本盤CDのみのボーナス映像

DISC 2 - Live at Brixton
01. FAMILIAR FEELING
02. ABSENT MINDED FRIENDS
03. DAY FOR NIGHT
04. FUN FOR ME
05. WHERE IS THE WHAT IF THE WHAT IS IN WHY?
06. CANNOT CONTAIN THIS
07. PURE PLEASURE SEEKER
08. THE TIME IS NOW
09. FOREVER MORE
10. SING IT BACK
11. INDIGO
(Filmed at Moloko’s final UK show of 2003 at The Brixton Academy on November 22nd.)



次回はリリース前の好きな曲やいろいろまた雑記しますー。
ではでは。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode