今回のPhono012号

PHONO012『僕らと音楽の関係』
興味深く読みました。
インターネットでの情報化、MP3・ipodの普及、
受け手から見て随分と楽に音源も情報も手に入る
今の音楽シーンについて語られた1冊です。

アンダーグラウンドと言われる私達の好きなダンスミュージックでさえ
家でもある程度の新譜は音源を確認できるし、
盤を買わなくてもMP3で格安にデータも手に入るし、
CLUBに行かなくたってMIXSHOWなんて幾らでも聴けるし、
なにしろDJも山ほどいます。
レコードを出してるアーティストもどんどん出てきています。

でもいま、本当に心引かれるDJ、アーティスト、楽曲って、
なかなか見つからない。
これはやっぱり音楽シーンにお金が動いていないからなんですかね。
いいハウス作ってもある程度収入が無いと続かないですよね。

今日も毎週お約束のMIXSHOWを作りましたが、
レコード棚を見て、昔は良かったな、とか、
思っちゃいました。
今より夢中になれる楽曲が多かった。
今超売れっ子の某トラックメイカーに対しても、
何だよ、似たようなのばっかり作るなよ、
昔のMAWは超多作でももっとクリエイトしてたよ!って思う。

いや、今でもMAWはすごいよ、二人とも。
Louie手がけるラテンバンドのLP、リリースが楽しみ。
少し聞かせてもらいましたが、本当に発売が待ち遠しいです。
あの日本人アーティストのEOL REMIXが、あれ?って感じです。
まあ、いつかinstで作り直すだろうな、とは思ってましたが:-)
そしてKenny Dope、
"Front 2 back(Kenny Dope Gotta Extended Mix)" / Playgroup feat.KC Flightt - Defected
聴きました??カッコイイの一言ですよ。
4・5年前位Drum'n Bassを聴きまくってた時期があったのですが、
そのとき愛してやまなかった質感がこの曲に詰まってるんですよね。
この音があれば強くなれる、自分に負けないでいられる。
そんなクラブミュージックの醍醐味が詰まった逞しい楽曲。
こういう音楽こそ、フロアの真ん中でがっつり聴きたい。

あとAME。最近注目されたアーティスト達の中では
やっぱりダントツのクオリティですよね。
"Tarzan(Ame Remix)" / Roy Ayers - BBE
シンプルで世界はしっかり持ってきてくれる。
BPM120くらい?でもちっとも遅く感じません。
やられっぱなしです。

そしてKerri Chandler。
"So Let The Wind Come" / Kerri Chandler - Nite groovesあれ、いつの間にか好きな新譜紹介になっちゃいましたね。
私、Kerriのこういうシリアスな空間が好きです。
remixもよいけど私はオリジナルがいいな。


あ、あとご報告遅れましたが
LOOP SOUNDSのレコードも無事に出ました。
いつも私達を支えてくれている皆さん、本当にありがとう。


なんか話がそれちゃいましたが、
皆さん今号のPhono、見つけたら是非読んでいただきたいです。
私は、情報にしろ、フィーリングにしろ、
聴き手の人々には『自分』を持って欲しいと切に願います。
有名DJが掛けたからこの曲が良いとか、
お金が掛からないから音が悪くてもダウンロード音源で良いとか、
楽して幾らでも音楽は入ってくるけれど、
その中で本当に渇望している音楽を見つけられるかは自分次第。
だから感性だけは研ぎ澄まして、
情報を利用できるだけの余裕を持っていて欲しいと思います。
そうやって鍛えられた感性を持つ人々がいないと、
アーティストは育たない、そしてそれが
「ずば抜けた楽曲の少ない今のシーン」に
つながってると思うんですよね。


書いてて胃が痛い。。。精進します。



PHONO 012号
Kenny DopeAme New mixDream on DreamKerri Chandler


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode