ご無沙汰しつつもフランキーとインコグニート

ご無沙汰しております。
メールチェックすらも怠ってました。反省。。。

ここ数日は本当に音楽三昧でした。
順々に書くと。。。

■12/21(WED)
高橋透さんDJ30周年記念パーティをsmokerで開催。
DJ前から、大先輩、とてもお酒を飲まされ大変そう。。。
でも、DJは現在のちょっとダークな魅力も交えた選曲で、
30周年にふさわしいプレイでした:-)

■12/22(THU)
前日、BLUENOTE東京でツアー中のINCOGNITO
親交のあるLOOPに遊びに来ていて、
ドラマーのRichard Baileyのご好意により、
BLUENOTEに初めて行きました。
いやー、ゴージャスな大人たちばかり。。
それにしても、一週間連日一日2ステージで東京公演、
それから大阪、名古屋と、続くハードスケジュール。
そんな中でのステージですが。。。

最近涙もろい私、また泣いちまいました。
私が最初にINCOGNITOのライブに行ったのは
確か93・4年のクラブクアトロ。
そのときにJean Paul "Bluey"が言ってたメッセージが
バンドのメンバーも出身国も人種も様々。
10年以上経た今もまったく変わっていませんでした。
肌の色を超え、人種に関係なく、
戦争をやめ、世界の平和を目指そう。。。
言い続けることの難しさ、すばらしさを実感しました。
ステージの内容もすばらしく、
スペシャルゲストで登場したCarleen Andersonは、
彼女の持ち歌のApparently Nothing(大好き!!)を含めた
3曲を歌ってくれ、その圧倒的な表現力を生で体感。
Maysa Leakは連日でお疲れという噂ですが
一声出せばさすがの存在感。
Richard Baileyのドラムソロも秀逸でした!
50歳とは思えません。。。

さて、その後ギタリストのTony Remyが、
Frankie Knucklesのパーティに行きたい!ということで
INCOGNITOの数人を連れてAIRへ。
フランキー、良かったですよ。すごく安定してて、
ハッピーフィーリングがいっぱい満ちてました。
Frankie KnucklesのプレイするBeatにあわせて、
まっすぐな歌声が聞こえてきたな、と思ったら、
DJブース横で歌ってるのはJoi Cardwell!
何がすごいって、アドリブですよ!
ハウスのヴォーカリストはステージがいまいちな人が多い中
(正直で御免なさい)
Joi Cardwell はすごい、声もアドリブもバッチリ。
いいもの、見させてもらいました。。。。

その後(まだあります)
友人たちがわんさか集まっているNO STYLEに行くつもりが、
久々で場所が分からず(あほです)
OUTSIDEのMatt Cooperを連れてLOOPへ。
久々にドラムンベースのパーティに行きました。
ドラムンベースのシーンを支えてる人たちは
私が遊びに行ってた5年前と殆ど変わってなくて
それが嬉しかった。やっぱり結束力だよね。
でも耳が痛くて、もう6時を回ってたので、
Matt Cooperをホテル行きのタクシーに乗せ、
「じゃあ土曜日にね!」と再会を約束。
(でも結局事情があって行けなかったんですよね。。。
Matt Cooperは現在OUTSIDE3枚目のアルバムを製作中だそうです。
クラブジャズファンの皆さん、楽しみですね!)

さて、その後、
YoungParadiseというBALLのパーティに
一人で少しだけお邪魔してきました。
ギャラリー@ヴェルファーレの前日なのに、
みんな遅くまでパーティを楽しんでました。
BALLは今月最後のパーティが多いのですが、
YoungParadiseもそのひとつ。寂しいですね。


パーティってなんだろう?って、いつも思います。
集客とか、ギャランティーとか、箱との兼ね合いとか、
いろんな事情も含めた中で、
パーティをしてる人たちは何を目指しているんだろう。
私は、といわれると一言ではいえないけど、
いつもどこでもパーティは
私にとって学校のような場所だな、と思うことはあります。
いろんな人がいて、音楽っていうひとつのツールがあって、
その中でいろんなことを毎回、学んでいるような気がします。

金曜日、ギャラリーいけなくて残念でした。
自分のやることが終わらずに、自分を優先してしまいました。
もっと早く曲作りとか出来るようになりたいです。
そしてもっとみんなのパーティにいっぱい行くだけの
余裕が欲しい。。。


今日の好きな曲は、
紹介が遅れましたが、最近のリラックスアルバム
Robert Nackenの"It Could Be So Easy"
ロフトクラシックスKarma / Highpriestessを
なんと16歳で手がけた人のアルバムです。
Highpriestessの2005verが入り、"Majomin"も入って
中の楽曲解説もミュージックホリックぶりを発揮。
年末年始に寄り添うアルバムです。
りょうさん、やっと今日送るから待っててね!

Robert Nacken


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode