Marcel Vogel ’s favorite 10 Selections Pt.2

みなさまこんばんは。

静岡、Bridge、Life Parc、と

3日連続で駆け抜けてきました。

どの現場もすごくすごく楽しかったです。ただし、

静岡終了後の朝にMarcel Vogelから来た

「パスポートが間に合わないからフライトを変更する」

っていうメールでかなーり混乱し。。。

クロアチアの国境パトロールにパスポートを破られたって話は聞いてて、

keiくんがちゃんと、

「来日まで間に合うの?」って訊いても、

Marcel Vogel a.k.a. 地獄の木こり(Lumberjacks In Hell)レーベルの主宰者は

「大丈夫〜」って言ってたじゃん!

でも本人もreally sorryって書いてるし、

こんなに近い日程でホテルの日程をずらせたのは、かなりの奇跡だし

(まじで奇跡だから!!渋谷ホテル高いから!!!)

他のトラブルさえなければ、21日当日到着、でフライト取り直して連絡くれたし。

 

さてそんな彼のセレクト第2弾です。

 

-------

Marcel Vogel ’s favorite 10 Selections

 

4, "Sizzling" Daphni Ft Paradise (Discogs)

 


良質なディスコハウスのレコード。満ち干きするような曲。こういうサウンドを俺は20年前に作り始めてたけど、当時はもっとオリジナルのグルーヴを見つけることの方に興味があったな。
現時点では、純粋なエネルギーであるディスコのある種「バカげた」バージョンで遊ぶのがまた面白くなってる。

 


5, “Resting Place” Mark Francis (Discogs)

 


現時点で自分が掘ってるものの中で、この曲も最高のソウルフルハウス。

 

 

 

6, “Disco Fantasy” Rahaan (Discogs)

 


Lumberjacks In Hellからのリリース作品をプレイするのはいつも難しい、なぜならリリース前に聴き込み過ぎて飽き飽きしちゃってるんだよね。で、何年かのちにもう一度拾い上げて、これらを積極的にプレイしないのは馬鹿げてる、って思うんだ。
このRahaanのエディットが入ったコンピレーション『Chicago Service』はかなり成功してて、今もサービスを提供してる。

 

 

------------------------

 

ちなみに10枚レコード選んで、って言ったけど、

QuantizeのMark Francisのはデジタルしか出てないので

favorite 10 vinylsだと違うよな、っことで変えました。

この5曲目のセンス超NYのおっさん趣味、と私は感じますが、

これをヨーロッパで今掛けて盛り上がるなら、

最近のディスコブームはソウルフルハウス復活につながる流れもあるかも?

 

 

こちらRAのイベントページ。

9/21当日まで引き続き紹介していきます。

https://jp.residentadvisor.net/events/1301876

 

そうそうRAの動画でBridgeが紹介されたのですが、

一曲目に Me And The GangのAsozanが使われています。

Aso zan。。。

頭の曲も聴いて欲しいですが、

後半のうなぎも肝です!

有泉さんリスペクト。流石です。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Dance / House Music



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode