Red Bar, Patrice Scott @ Vent ありがとうございました!そしてJasper Street Company

 

まずは25日朝のRed Barありがとうございました!
久々のRed Barでケイくんも私も気合い入りすぎてましたが、
アフロ/パーカッション の曲がかかるとお客さんの反応がいいのを見て、
アフロハウスを軸にしたセットは自分達の個性でもあるな、と再確認。
これからもラテンなど含めパーカッションビートを含むトラックは
しっかり掘り続けよう、と思います。
そして、Oath時代から感じるのは、
ブースのすぐ横にBarがあることで、
お店の人とコミュニケーションできたり、
お客さんがお酒をおごってくれてその場で乾杯できる、っていう環境は、
DJする側としてはすごく一体感が作りやすくてありがたいです。
ただ、お店やDJの知り合いでないお客さんには
疎外感を感じさせてしまうこともあるのかな、と思うのですが、
自分たち自身は、乾杯のお誘いがきても、
いつもフロアのお客さんのこと、選曲のことは
きちんと集中し続けてるので、
手を抜いてるように見えないような振る舞いをできたらいいな。
とにかく久々のRed Barもお店そしてお店が好きなお客さんに
沢山助けられました、ありがとうございました!


そして25日夜、Patrice Scott @ VENT
こちらもありがとうございました!
Patrice Scottの希望で今回もミキサーはE&S
随分慣れてきました!私。
Patrice ScottのDJよりも派手すぎないよう、
今回は抑えめの選曲(のつもり)で臨んで、
最後にここ最近で1番好きなLouie Vegaの曲をかけたのですが、
Patriceのお気に入りだったみたくて
私が掛けた瞬間にPatriceはケイくんに「俺もこれ好きなんだよ〜」
って言ってたらしく、
Patriceのセットのピーク時にこれがかかった時に、
私はその話をケイ君から聞き、
ブースに走って行って
「ごめん、あなたがこれを好きだって知らなかったんだよね」
(つまり、warm up担当なのに掛けちゃってごめんね、)
って謝ったら、笑ってハグしてくれました。
いい人です、柔らかで、音楽表現と人間性が近い。
嬉しかったです。
この夜はMOMCで一緒にパーティを作っている
TP君の誕生祭でもあったのですが、
朝Room2で全てのDJのセットが終わった後にTP君がDJを始めて、
それをお店のスタッフが盛り上げて、
照明を点けたり消したりするスタッフもいて、
朝7時過ぎまでみんなでTP君のDJで騒いでお祝いしました。
お店のスタッフが仲がいい、って最高ですよね。
この日呼んで頂いて、すごく良かった、良い日でした。
ありがとうございました!


ということで、最後にPatriceも私たちも大大大好きな、
Jasper Street Company "Praying For You (Louie Vega Main Remix)"

を最後に貼りますね。

長い曲だけど後半までちゃんと聞いてね。

後半のリフレインはゴスペルの高揚感です。

Jasper Street Companyらしさがすごく出てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:Dance / House Music

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

latest entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode